家庭教師か学校か

学校で授業を受けているのに、家庭教師を雇ってまで勉強することはない、という意見があります。 しかし、学校の授業と家庭教師とでは双方に良さがあり、特徴があるわけです。 それぞれの良さを取り入れることで、能力が上がっていけば問題がないのです。 このサイトでは、学校の授業と家庭教師の違いについて説明します。 学校の授業は、教師一人に対して生徒が複数となります。

ここがまず家庭教師との違いでしょう。 そのため、生徒一人一人に対しての対応が行き届かないこともあり、生徒間での学力の格差が出てしまいがちです。 ただ、学校は勉強を教えるだけの場所ではなく、集団生活を通して、社会というものの仕組みを教えるところでもあるのです。 また、学校の授業の一環として運動会などの行事があり、こういったことは家庭教師にはないものです。 次に家庭教師についてですが、学校と違い、家庭教師はマンツーマンでの指導方法となります。 そのため、その生徒に何が足りないのか、何を欲しているのかが明確に分かり、適切な指導ができるため、効率のよい学習法と言えます。 学校では分からないところを質問しづらい雰囲気があります。

しかし、家庭教師は分からないところはすぐに質問でき、その場で解決するというメリットがあり、これが勉強の楽しさに繋がっていきます。 つまり、学校の授業がつまらないと感じている生徒や、基礎的な学力がついていない生徒にとって、この家庭教師は有効となるのです。

【推奨サイト】
多種多様なコースなど家庭教師の特徴を理解する上で参考になるサイトです ⇒ 家庭教師 特徴